2012年

6月

27日

障がい者ケアホーム「レジデンスなさはら」施設見学を行いました

 つながり後援会・家族会とともに市内奈佐原に2012年4月開設したばかりの重度障がい者ケアホームの施設見学を行いました。開設したのは知的障がい者入所施設「萩の杜」を運営する(社福)北摂杉の子会で、ケアホームの名称は「レジデンスなさはら」。

 

 同法人が運営する知的障がい者通所支援施設の利用者を中心に20名が入居し、木造平屋建て3棟からなっています。入居者の包括的支援のみならず、重度障がい者や自閉症の方の特性に合わせて各部屋をしつらえてあり、入居者相互の移動導線も考慮した生活の場としての工夫も随所に見えました。

 

 タウンスペースWAKWAKも地域福祉のグランドデザインづくりの重要な拠点としてつながり後援会・家族会の中にケアホーム部会を設置、し先進施設のノウハウも活かしながら、重度障がい者ケアホーム整備事業のプラン作りをすすめる予定です。