2016年

6月

28日

6月26日(日) おはなカフェ連続講座VOL12「子どもたちの安心・安全のために」を開催

 

 子育て・高齢者・障害者支援、多文化共生等に関わってきた女性たちが企画運営し、身近な課題を話し合うWAKWAKおはなカフェ

 企画VOL12は子どもへの暴力防止プログラムを展開しているCAPみしま・大阪のみなさんに来ていただいて富田青少年交流センターを会場に「子どもたちの安心・安全」をテーマにワークショップを開催しました。

 ワークショップはおとな・こどもそれぞれ別れて実施。

 おとな向けワークショップでは、CAPについての基礎勉強の後、就学前、小・中学校でのプログラムの紹介、子どもへの暴力防止に向けておとなが出来ることについてアクティビティも行いました。

 子ども向けワークショップでは、「いじめに対して『いや』と言えるには」「知らない人に連れて行かれそうになったら」等の具体的場面を実際に再現して子どもたち自身が意見を出し合いながら進められました。

 お父さん・お母さんと一緒に来た子ども達もお父さん・お母さんと別れてのワークショップ。

 対象も就学前から小学校高学年までと幅広かったのですが、子どもたちが身を乗り出してワークショップに参加している姿が印象的でした。

 日曜日にも関わらすご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 次回は「子どもたちの安心・安全のために」続編として7月15日(金)午前10時~12時に開催。講演会後、講師の先生を囲んでランチ交流会も行います。

 ゲストは、障がいのある子どもたちへの性的被害等の相談支援も行っている中村昭代(大阪手をつなぐ育成会相談支援専門員)さん。

 次回もぜひ、ご参加ください!