2016年

1月

30日

「どうする子どもの貧困」シンポジウムを開催します(終了しました)

 我が国の子どもの貧困率は16.3%。OECD 比較では25 位、特にひとり親世帯の貧困率はOECD諸国中最悪の結果といわれています。

 WAKWAKでは様々な課題を持つ子どもたちへの相談支援や学習支援を通じて「貧困の 連鎖」を断ち切るとともに、様々な人々や地域、関係機関等の社会的資源がつながること をめざしていますが、高槻市市民活動公益サポートセンター主催で「どうする子どもの貧困」シンポジウムを開催することとなりました。

 みなさんのご参加をお待ちしています(詳細は、チラシPDFをご覧ください)。

 

 日 時 1月30日(土)13:30~16:00

 場 所 クロスパル高槻(高槻市総合市民交流センター)5F視聴覚室

        JR高槻駅下車南すぐ

 内 容 基調講演「子どもたちとつくる 貧困とひとりぼっちのないまち」

          NPO法人山科醍醐こどもの広場 理事長 村井琢哉さん

            報告 「高槻市における子どもの貧困」 高槻市(報告者未定)

      パネルディスカッション「貧困の連鎖をなくすために私たちができること」

         ・NPO法人あっとすくーる 理事長 渡剛さん/ひとり親家庭をはじめとした学習支援の取り組み

         ・一般社団法人タウンスぺースWAKWAK学習支援教室参加中学生代表/学習支援参加を通じての私 の思い

         ・NPO法人山科醍醐こどもの広場 理事長 村井琢哉さん

         *コーディネーター 高槻市市民公益活動サポートセンター管理運営委員会副委員長/一社タウンスペース  

                        WAKWAK代表理事 岡本茂

 定 員 100人(参加申し込みは市民公益活動サポートセンター 072-668-1781orタウンスペースWAKWAK 072-693-  

         9005まで)

 参加費 無料

 主 催 高槻市市民公益活動サポートセンター    

 

 

「どうする子どもの貧困」シンポジウムチラシ
詳細はダウンロードください。
子どもの貧困シンポジウムちらし.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 146.4 KB